演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.03.28 Thursday

2019/03/27 練習

ども、演出です。
こんな話を聞いたらウチの役者は、

 


(゚Д゚)ハァ?!

 

 

と思うだろうが、理想を言えばオイラは役者には、

 


好きに演じて欲しい

 

 

と思っております。
いやマジで。
「お客様の満足を自分の喜びとせよ!」と常々小姑のように繰り返し、重箱の隅をつつくかの如く小さいことにこだわり、ルールでがんじがらめにする演出をしておりますが、理想では、好きに演じて欲しいと思っているのです。
そして、それをオイラが観て楽しければ、それで良いのです。
だってオイラは【お客様目線】で芝居を観ているから。
だから、オイラが楽しいイコール、お客様も楽しい、なのです。
もしそうじゃなかったら「えらいこっちゃ!」です。
そんな演出に着いていく必要はありません。
さっさと見切りをつけて、ちゃんと「自分の努力がお客様からの反応に直結する」演出を探しましょう。

話がそれましたが、

オイラは演出として「役者には好きに演じて欲しい」と思っているのです。

 

 

でもですね。

 

 

どんなにベテランの役者でも、自分一人で好きに演じてしまうと上手くいかないことが往々にしてあります。
役作りの方向性を間違ったり・・・
演技のアプローチを間違えたり・・・
独りよがりな芝居をしたり・・・
むしろ、ベテランになればなるほど、演出の指示を仰ぐようになるのではないかと思うのです。
それは、演技に関する基礎知識があり、演技に対する自信があり、
なにより、
自分一人では客観的な判断が出来ないことを分かっているからではないでしょうか。

 

それは考えてみれば極々当たり前のことで、例えばオイラが桃太郎の役をやったとしましょう。
オイラは桃太郎の役作りを始めます。
年齢・体型・血液型など、【絶対的な設定】を考えるかもしれません。
経験・立場・性格など、【芝居が始まるまでの前提】を考えるかもしれません。
そして台詞を覚え、口に出す。
その時に、「ああしよう」「こうしよう」と決め付けてしまい過ぎると、

 


本人が前面に立ちます。

 

 

桃太郎が存在するのではなく、「ああしよう」と考えているオイラが舞台に立ってしまうのです。
そうなるとお客様は「オメーが観たいんじゃねーよ!」となります。
物語に没頭できなくなってしまうのです。
(役者目当てで来場している場合は、その限りではありませんが)

 

だから役者は演出を頼り、方向性を示してもらい、演出にOK(お客様満足)をもらおうとする努力が必要になると思っています。
台本に登場する人物にはそれぞれ【役割】というものがあり、役者はその役割を全うしなくてはなりません。
簡単に言うと、
「お客様が観たい、その役をキチンと演じる」ということです。

 

能天気な明るい役があったとして、
「100%フルスイングで能天気な明るい役(場面)」をお客様は観たいのか、
「明るい中にも苦悩が感じられる役(場面)」が観たいのかを、お客様目線で判断する必要があるのです。

 

それがもし、役者が好きなようにやった結果、面白い芝居になったとしたら演出なんか必要ありません。
そうなったら演出は「ひたすら楽しむだけのただの観客」になります。

 

現在6月の公演に向けて練習しております。
メインキャストとアンサンブルに分かれて練習していて、メインには伝えられたのですがアンサンブルの方には情報共有できていなかったのでブログにてお知らせしました。
今回アンサンブルの役者も、次回の公演ではメインで役者をやると思うので、今からでもその意識を持っておくことは大切なことです。
何より、アンサンブルこそ、高い意識を持ってやらねばらない事だと思いますから。

 

 

さて、流れをぶった切りますが、ここで二件ほど宣伝させてください(笑)

まず一件目が、

 


団員募集!


o(*゚∀゚*)o

 

 

まだまだまだまだ募集しております!
6月の公演に向けても人が足りていませんし、6月以降の公演もやることが満載なのです!
残念ながら高校生以下は入団できませんが、それ以外の条件は一切ありません。
未経験者の方も、十夢は10年以上の歴史がありますから育成ノウハウは充実しておりますし、その為の新人セットもご用意しております。
勿論無料!(笑)
入団を強制することは絶対に無いので、まずは「見てみるだけ見てみよう」と気軽な気持ちでお越し頂ければと思います。
誰だって最初は初心者です。
特に今現在の団員は9割が十夢で初めてお芝居をする、という者ばかりです。
だから未経験者の気持ちは誰よりも分かるのです!
勿論、経験者も大歓迎です!
十夢はかなりクセのある芝居なのですが、もし方向性が合えば絶対に命を賭けれる団体なはずです!
スタッフ専門の方も募集中です。
スタッフも未経験歓迎です!

 

ただ、作曲に関してだけは既に専属作曲者がいるので申し訳ございません。
m(_ _)m

 

また、新人セット等は大切な団費から捻出して作成しております。
新人セットだけが目当ての見学はご勘弁願えますでしょうか。
(変なことを書いてすみません・・・最近ちょっと似たようなケースが続いてまして・・・)

もしご興味を持っていただけましたら下記URLよりご連絡頂けますでしょうか。
https://tomu.tv/?page_id=2

 

そして、宣伝二点目!!

 


公演チケット販売開始です!

 

 

チケット販売専用URL
https://tomu.tv/?page_id=1912

[演目]
第24回 緑豊かな船橋の街に支援
船橋グリーンライオンズクラブ主催
劇団十夢チャリティー公演
『いつか抱えきれないほどの向日葵を君に』

[あらすじ]
環境破壊により灰色に包まれた植物のない未来。
日本では政府の代わりに自衛隊が軍に組織変更し治安維持と食糧管理を行っていた。
多くの人が共同生活を余儀なくされる中で、一人の少女<真昼>は明るく生きている。
まだ緑を見たことがない彼女は荒れた大地を耕し、向日葵の種を植え続けた。
ある日、軍のトラックが大量の荷物を搬送しているところを目撃する真昼。
彼女はただトラックが通り過ぎるのをジッと見ていた。
が、一台のトラックから荷物が落ちる。
好奇心旺盛な真昼が近寄り荷物を開けると、そこには一人の青年の姿が。
驚く真昼。目を覚ます青年。
青年の正体は、未知なる生物<愚猿>討伐用に開発されたアンドロイドだった――。

[上演時間]
約120分

[日時]
2019年6月28日(金) 開場17:30/開演18:00

[会場]
船橋市 勤労市民センター
〒273-0005 千葉県船橋市本町4丁目19-6
TEL 047-425-2551

[交通のご案内]
JR船橋駅南口から400m[徒歩6分]
京成船橋駅東口から260m[徒歩4分]
お車でお越しの場合は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

[チケット料金]
2,000円(全席自由)
※4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮下さい。

[公演詳細URL]

https://tomu.tv/?p=1934

 

何卒宜しくお願い申し上げます!!


2019.03.22 Friday

その誤植、ダメ、絶対!な画像

今回のブログは、

お久し振りのネタ回です!

もう久し振り過ぎて、書いてる本人がどんなテイストで文章書いてたか忘れております。
!!(゚ロ゚ノ)ノ

とはいえ、ネタ回は文章で笑わせるよりも、画像を観ていただくのが趣旨ですからね。
ガンガン紹介してしまえば良いのです!

それでは行ってみましょう!

「その誤植、ダメ、絶対!な画像」です。

まずは1枚目!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

1枚目から、

 

本当に「ダメ、絶対!」です!

 


これ、体験学習だったらヤバイでしょ・・・。

 

続いて2枚目!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


作り直したら?(汗)


(*ノ・ω・)ノ

 

POP作り直そうよ。

消し方雑なんですけど・・・。

おもいっきり「よしお味」って読めちゃうんですけど・・・。

ただ、

 

よしお味については、

 

興味津々。

 


そんでもって3枚目!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

殺し方限定してきてる!


(((( ;゚Д゚)))

 


これ、あれですかね?

警棒で殴られるってことですかね?

半分だけ見えてる警備員さんも「やる気満々」ですね。

この場合の「やる気」は、

「殺る気」

ですけど。
(゚∀゚*)

 

更に4枚目!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


よーつなげたな!?

 

乗降どうするんだろ?

ホームに入りきれないでしょ。

ってか、

先頭車両が調布に到着する頃にやっと、最後尾が前の駅に到着する気がする。
(; ̄Д ̄)

 


そして、今回のラスト5枚目!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

・・・・。


・・・・・・。


・・・・・・・・。


その心の声は、


出しちゃダメ、

 

絶対。


2019.03.05 Tuesday

2019/03/03 練習

 

ども、演出です。

他の人がブログを書いてくれていたので甘えておりましたが、最近団員ブログも更新がなくなってきたので「こりゃマズイ」と思い、久し振りに更新してみました。

いや〜、これだけ更新してないとブログの書き方忘れますね(笑)

何がビックリするって、

 


書き出しの、

 

 

「ども、演出です」を、

 

 

 


忘れてましたからね。


(; ゚ ロ゚)

 

 

 

一番上の文章は、書いてる途中で書き足したやつです。

 

 

昨年の11月に無事十夢祭も終わり、2019年を迎えました。

本当は年末の挨拶や年始の挨拶をしたかったのですが、有り難いお話を頂き、新作の台本を書いていて時間が取れませんでした。

はい、年末年始は引きこもっていたのです。

44歳のニートです。

外出は深夜にカップヌードルとお酒を買いに行く程度。

家でも、お風呂とトイレ以外はずっと机の前。

 

 

もう、

 

 

典型的な、

 

 

 


ダメ人間です!


ヽ(゚Д゚;)ノウエーイ!!

 

 

 

ですが、年明けの最初の練習の時には台本が出来ていないといけなかったので、仕方が無いのです。

今回は十夢独自の公演ではなく、依頼された公演です。

いつもみたいに「出来が悪い!こんなんじゃ良い公演が出来ない!」などと我侭言えません。

延期は許されないのです。

 


つまり、

 

 

 


時間がないのです。

 

 


公演は6月に決まっております。
(詳細は後日お知らせしますね♪)

 

その日の為に、日々を前向きに、ダッシュで走りきらないといけないのです!

 

で、

2ヶ月経った今、少し息切れ気味です(爆)

まぁ、人間の集中力なんてそんなに持続するわけないですけどね。

少しくらいなら深呼吸も良いんじゃないでしょうか。

 

現在はメインキャストと、アンサンブルで分かれて練習しております。

アンサンブルの方は殺陣にダンスに体操に、滅茶苦茶大変なのです。

個人練習を増やし、早急に動きを作らなくてはなりません。

最近の練習は動き作りにこだわるあまり、「動きの確定」までいってなかったように思います。

今後は「確定」をキーワードに練習していきます。

じゃないと、アンサンブルで動いてる役者も「これでいいのかなぁ」と不安になるでしょうから。

「作ること」と「確定させること」はとても大切なのです!

メインの方は団長と副団長に任せております。

2人とも責任感が強いのは良いのですが、自己責任にしがちなので、下手にアドバイスするとすーぐ凹むんですよね・・・。

 

とはいえ、もう3月です。

そろそろ今まで練習してきたことを「形」にしなくてはなりません。

そこから更に崩して、再構築しなければなりませんから。

 

今回のブログは肩慣らし程度なので、このへんで。

「もっと演出の文章を読みたかったのに!」と思われた方、申し訳ありません。

早目に次を更新しますのでご容赦を。

 

は、早目・・・。
(´・ω・`)

 

早目・・・。

 

 

えーと、

 

 

 

頑張りますっ!!!

 

 

 

 


2018.10.16 Tuesday

第二回・十夢祭 公演告知

ども、演出です。

ご無沙汰のブログでございます。

ご無沙汰ではございますが、

今回はちょっと真面目なお話。

と、

 


宣伝(笑)

 


それでは暫しお付き合いくださいませ。


長い十夢の歴史の中で、何度か転換期がありました。

団員数の変化。

組織的な変化。

そして、

演出的な変化。

これまでの変化は、3つの内のいずれかだったのですが、

今年2018年は、

その全てが重なった

 

 

とんでもなく大変な年

 


でした。

団員が数名入れ替わり、うるっしーが新しい副団長になり、演出も新たな試みをすることとなりました。

まぁ、オイラが新しいことにチャレンジすることは毎回の事なんですけどね。

そして役者がてんやわんやになるっていう(笑)

とにかく、

次の公演では、また少し変わった十夢のお芝居を御見せできればと思っております。

そう、十夢の役者はすこーしずつではありますが、成長しているのです。

その速度はもう、ナメクジが地を這うが如く・・・ですが(汗)
(´・ω・`)


オイラが十夢に入団して演出をするようになり、まず最初に求めたことは「純度100%の感情」でした。

感情を色で表すなら、

怒りなら赤。

喜びなら黄色。

悲しみなら青というように。

なので、当初は良く感情解放をしたものです。

演劇未経験者がほとんどだったので、皆、若干引いておりましたが、出来ないなりに一生懸命チャレンジしてくれました。

「お客様に伝わる演技」が出来るようになるためには、この「純度100%の感情」は必要不可欠だったからです。

今でもたまに感情解放をしますが、

今では皆、普通に練習の一貫としてやってくれています。

 

これを、

 

成長と取るか、

 

 


感覚の麻痺

 

 

と取るかは、人それぞれ。

うむ。

で、次に求めたのは、

「感情の機微」でした。

ある日突然、演出が、

「感情なんて複雑なもんだろ!」

「感情が一色な訳ないだろ!」

と怒りだしたのです。

そりゃもうね、

役者は大パニックですよ(笑)

感情が一色になるその前の、心のグラデーションを表現することにこだわりたかったのです。

今でこそ、こういう言葉を用意できますが、チャレンジした当初はオイラが「言葉」を持っていなかったので、役者は本当に大変だったと思います。

公演的には、

「三回目の月光を継ぐもの」

「のぞみちゃんが主役をやった青空」

「女六人芝居の熟食べ」

「二回目のやわちき」

でチャレンジしました。

これも少しずつ浸透してきた中で、オイラは次のチャレンジをすることにした、というわけです。

これまでのオイラの演出は、台本上の「その行(台詞)」で感情を表現すれば「良し」としていました。

ですが、これでは本当の演技とは言えません。

本当の意味で、その役を生きているとは言えません。

本当に大切で、本当に大事で、本当に大変なのは、

 


行間でお芝居をすること

 


です。

台詞と台詞の行間をどう読み、どう表現するかなのです。

台詞でお芝居をすることが「表のお芝居」だとすれば、

行間でお芝居をするのは「裏のお芝居」と言えます。

オイラは、この裏のお芝居こそ、今後の十夢に必要不可欠なスキルだと思っているのです。

よその劇団からすれば、「何を当たり前のことを言っているんだ」と思われる事でしょう。

ですが、十夢はやっと、その場に立てる成長を果たしたのです。

オイラはこれを恥ずかしいことだとは思いません。

ずっと続けてきた十夢の役者陣だからこそ、オイラは自信をもって裏のお芝居にチャレンジできるのです。

んで、

その裏のお芝居に選んだ戯曲が「四月になれば彼女は」と「黒いスーツのサンタクロース」です。

そう、オイラが書いた台本ではないのです。

そして、

初挑戦になる「裏のお芝居の主役」に選んだのが、しずちゃんとゆかちゃんでした。

残念ながらゆかちゃんは諸事情により退団してしまいましたが、今でも主役を演じている彼女を観たかったと思っています。

ですが、ゆかちゃんにはゆかちゃんの人生があります。

「寂しがり屋のオッサンの我侭」に付き合わせる訳にはいきませんからね。

元気に頑張ってもらえたらと思います。


裏のお芝居の演出は本当に大変で、今でも思うように進んでおりません。

オイラが持っている「言葉」が少ないので、役者に負担をかけてばかりです。

ですが、もう少し我慢して下さい。

「純度100%の感情」
「感情の機微」
「裏のお芝居」

これを意識して演技が出来るようになったら、もう楽しいですから。

そりゃもう、楽しいですから。

今は苦しいと思います。

ですが、それも後、もう少しです。

後、

 

 

2〜3年の我慢です(笑)

 

 

これを長いと取るか、

短いと取るかは、

役者次第。

うむ。


でもですね!

確かに、

確実に、

良い芝居になってきているのです!!

なので、少しでも多くのお客様にご覧頂ければ幸いです。

1日に2本のお芝居が無料で観られるチャンス!

是非是非、宜しくお願い申し上げます!!

 

***********************************************************
第二回 十夢祭
https://tomu.tv/?p=1688
<公演日>
2018年11月11日(日)

<演目>
『四月になれば彼女は』(約120分)
『黒いスーツのサンタクロース』(約120分)

<開演時間>
『四月になれば彼女は』
開場/13:00〜
開演/13:30〜
『黒いスーツのサンタクロース』
開場/16:00〜
開演/16:30〜

<チケット料金>
入場無料・全席自由

<会場>
小松川区民館
〒132-0035
東京都江戸川区平井4丁目1番1号

<アクセス>
JR総武線「平井駅」南口 徒歩10分

<問い合わせ>
Phone:080-7859-9316
MAil:info@tomu.tv
***********************************************************

そして、

本文とは全く関係のない、飲み会での写真。

毎回の飲み会で利用させて頂いている、「炭火やきとり さくら 下総中山店」の菊地店長と!

いっつもお世話になっております!

最高のお店なのです!!

 

店名>>>炭火やきとり さくら 下総中山店
電話番号>>>050-3476-5877
アクセス>>>JR総武本線 下総中山駅 徒歩1分
営業時間>>>16:00〜24:00


2018.07.28 Saturday

『タイトルと絵が気になって仕方がない絵本』

 

皆さんは「絵本」を読んだことはあるでしょうか?


オイラは残念がら、あまり読んだことありません。


今も昔もアクティブなので、本を読むためにジッとしていられないのです。

 


いや、

 

 

「アクティブ」は言い方が良すぎますかね。

 

 

ただ単に

 

 

 

落ち着きがないだけ

 

 

です。(゜∀゜ ;)


この間、仕事の資料を購入しようと書店に行った時に絵本が目にとまり、暖かな絵やタイトルに「いいもんだなぁ」と思いました。

 

そこで、ちょっと絵本に興味を持ったオイラは、自宅に戻り「絵本」を検索してみました。


大人でも楽しめる絵本があるかも・・・そう思ったからです。

 


で、

 


検索してみたら、

 


興味を引く絵本が出てくること、出てくること。

 

 


違う方向で。


( ゜∀゜)

 


そこで今回は、オイラが気になった絵本のタイトルをここでご紹介したいと思います。


それではいってみましょう!


『タイトルと絵が気になって仕方がない絵本』です。


まずは1冊目!


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

全員いくつ!?


Σ(゜Д゜;)

 

分かります?


おじいちゃんの、おじいちゃんですからね!?


おじいちゃんの、お父さんじゃないですからね!?


おじいちゃんの、おじいちゃんですからね!!


前の、前ですから!!


画期的なタイトルです。

 

 

続いて2冊目!


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓

 

 


生徒イケメン!

 

「キリッと感」が半端ないのです。


っていうかね、


気になるのは右奥。


拡大しましょう。

 

 


オイ、コラ、オッサン!!


Σ( ゜∀゜ ;)

 


まぁ、でも、気持ちはわかる。


生徒諸君!破れているのは先生のお尻です。


ちゃんと後ろを守ってください(笑)


そもそも、先生!


なんでちょっとドキドキした顔してるんですか。

 

 

・・・・・Mかな?

 

 

続いて3枚目!


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓

 

 


タイトル重くないですかね?


(・ω・ )

 

 

絵本というよりも、ハードカバーで売ってても違和感ないタイトルです。


「絶望」よりも、「濁点」が漢字な事に意味を感じます。

 

 

そして4枚目!!


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓

 

 


絵の圧スゲーな!!


( ´@ ω @`)

 

 

ドキュメンタリティ溢れてるんです!


これはもうね、


絵本というより、


どこかの雑誌で連載で読みたい!!


伝説で、


巨大な、


あんまんを、


運ぶんですよ!?


短期集中連載でお願いします!

 

 

更に5枚目!!


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓

 

 

多分、

 

十夢の役者を知る者なら、

 

誰しもが思ったはずです。

 

実写化するなら、


↓絶対コイツ↓

 

 

 

 

 

そして今回のラスト!!

 


↓↓↓↓↓↓↓

 


↓↓↓↓↓↓↓

 


↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

ダメ、絶対。

 

 

※※※記載するか迷 いましたが※※※
今回の絵本は絵とタイトルが気になったのでご紹介しました。
作画様と作家様にご不快な思いをさせていましましたらすみません。
皆さんも、気になるタイトルがありましたら、是非是非、手に取ってみて下さいね!

 

さてさて、


今回のブログはこれだけではありません!
宣伝が2点ほどございます。


まず最初の宣伝は、先日団長が更新した件です。


座長公演のご案内
http://dancho.tomu.tv/?eid=58


詳細は団長のブログをご覧頂くとしまして、是非是非、お時間のございます方は足を運んで頂ければと思います。

 

コルバタ第18回公演(座長大会)
「どっかこっか」
脚本・演出:太田 勝
◆あらすじ
廃線になった駅のホーム。
今は観光名所とし町が管理していた。
その駅は昔から、忘れものを管理する駅でもあった。
愛があり友情がありブラジャーがある。
そんな駅のそんな町でのお話。
昔も今も…
止まらないのは、時間だけ…
◆日程
2018年8月2日(木)〜5日(日)
2日19時〜
3日14時〜/19時〜
4日14時〜/19時〜
5日13時〜/18時〜
◆劇場
新宿スターフィールド
〒1600022 東京都新宿区新宿 2-13-6 光亜ビルB1
◆チケット
前売り¥3,600
当日¥4,000
「どっかこっか」チケット予約ページのURLです。
URL:http://ticket.corich.jp/apply/92838/012/

お手数ですが、チケットのお申し込みは必ずこちらよりお願い致します。

 

 

そして、

 

 

2点目の宣伝ですが、

 

 


十夢のLINEスタンプが

 

出来ました!

 

 

下のURLが十夢のストアです。


https://store.line.me/stickershop/author/522030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど!!

 

今のところ、一番のお客様は、団員です(笑)

 


▲top