演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2010年 新年会 | TOP | ロッキー・ザ・ファイナル >>

2010.02.10 Wednesday

フェイク

神の採点:★★★★★★★


いやー、久々に面白い映画を観ました。
うむ。
満足です。

しかし毎回思うことなのですが、面白かった映画って、


 
何でレビューしにくいんだろう? ( ̄Д ̄;)


 
面白かったんだからガーッ!って書けそうなモンなのですが、キーボードを打つ手がなかなか進みません。
オイラの評価スタンスが「否定してナンボ」なんだろうな。
自分で言うのもなんですが、捻くれた性格してますね(笑)

さて、本題です。

本作はマフィアに潜入捜査する捜査官が主人公です。
実話を元にしています。
この手の作品だと「インファナル・アフェア」を思い出しますが、また違ったテイストで製作されています。
(ちなみにオイラはどちらも好き。)

で、

本作は捜査官が主人公で、配役はジョニー・デップです。
こう書くと、絶対的な存在に思うでしょ?
でもね、まだ若かったから仕方が無いのでしょうが、


 
負けてます。 (」゜ロ゜)」



 
喰われてます。
脇役に化け物みたいな役者がいるので、喰われちゃってます。

そう、アル・パチーノです。

ラスト近くの約5分は完全に持って行っちゃってます。



美味しいトコロ総取りですよ。


いや、頑張ってるんですけどね。デップ君も。
潜入捜査当初の目つきから、数年たってマフィアに染まってきた目つきでは全然違います。
いわゆる”人相が変わった”ってやつです。
そのへんの細かい演技は流石の一言ですが、アル・パチーノの”人生背負った”ような演技にはまだ及ばず、といったところでしょうか。

 
ちょっと脱線。

この映画観てて、2人について思ったことがある。

ジョニー・デップがどうもブラット・ピットに見えて仕方が無かった。
顔は全然違うんですけどね。
役どころがブラット・ピットでも通用すると思ったからかなぁ。。。
理由は明確じゃないですが、不思議とそう思ってしまいました。

そして、

アル・パチーノが田村正和に見えて仕方が無かった。
顔は全然違うんですけどね。

これは絶対、
 
 


 
モミアゲのせいだな! ( ̄〜 ̄;)
 


 

人差し指を眉間に当てながら、しわがれた声で「え〜。」とか言い出しそうで・・・。
 

あ、
イカン、イカン。
やっぱり話を戻そう。


潜入捜査という題材にしては「正体がバレそう」というようなハラハラはほとんどありません。
ラストにちょっと、くらいでしょうか。
前半は皆無です。

もうちょっと”裏切り者は誰なのか?”というサスペンス的なノリがあれば面白かったかもしれませんが、そうは言っても”事実を元にして”るわけですから、そんな無茶も出来ないかなぁと思ったり。
そもそもあんまりサスペンス色を濃くしてしまうと、ラストのアル・パチーノが活きませんしね。
監督が敢えて”抑えた”のも分かる気がします。
ですので、前半の「マフィアなんだけど、その場にいる人達は結構楽しい」という雰囲気は北野武作品を思い出しました。「ソナチネ」とかみたいな。

特に出だしは個人的には面白かったです。
アル・パチーノ=マフィアのボスというイメージがありまして、実際、デップ君に声をかけるときは「この町で俺を知らない奴はいない」ぐらいの台詞を吐いてました。
で、いざマフィアに入ってみると”うだつの上がらない中年下っ端マフィア”でした。
いやーダサダサ感の面白いこと、面白いこと。
デップ君がアル・パチーノの家を訪れた時に、アル・パチーノはジャージを着ていました。
考えられます?



 
アル・パチーノのジャージ姿。



 
これが不思議と違和感ないんです・・・。
全編を通して顔の表情にイケてなさが滲み出てます。とてもゴッドファーザーの人と同一人物とは思えません。
いえ、アル・パチーノはどこまでいっても、どの役をやってもアル・パチーノなんですけど、アクが強すぎて妙な錯覚を覚えるのですな。

しかし、今回のアクの強さは完璧に吉と出ていると思います。

疑いつつも信じたいという気持ちが勝った時の表情。

”呼び出し”をかけられた時の表情。
 

 
騙されていたと分かっても尚、「許せる」のは、

 
果たして本当に「相手がドニーだったから」か、それとも年齢的なものか、それともレフティの性格か、男気か、


それとも・・・。


 
フェイク
時間:146分
出演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ
監督:マイク・ニューウェル

コメント

演劇をしたことはないのですが、大好きです。お手伝いでいいのでお邪魔させていただきたいです!!
2010/02/13 4:58 PM by まき
まきさん、書き込み有難うございます。

是非、遊びに来てください。
詳細はメールにてお送りします。
よろしくお願いします。
2010/02/14 1:58 PM by 演出

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.tomu.tv/trackback/1272315

トラックバック

▲top