演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2011/04/27 練習 | TOP | 2011/05/14 練習 >>

2011.05.13 Friday

2011/05/11 練習


ども、演出です。

さて、いきなりですが、

「優しさ」って何だと思います?


気配り・心配りが出来ることでしょうか?

それとも、

困っている人を助けてあげることでしょうか?

それとも、

相手の話を聞いてあげることでしょうか?



解釈や考えは人それぞれですから、どれも正解なのでしょう。

ですが、

一つだけ注意しなくてはならないのは、



「優しさ」は時に「厳しさ」を要求される



ということです。


この厳しさは相手にも、そして自分にも求められます。

「優しさ」は「甘さ」とは違うのです。

相手と自分の間にある最良の選択をすることが大切なのでしょう。

で、あれば、



優しさとは、




自分の為に、




相手の気持ちを考える。




ことなのかもしれません。



ポイントは、




あくまで「自分の為に」ということです。



意味が分からなくても気にしないで下さい。

オイラだって書いてて理解してないんですから。(笑)



ただ、



本当のことって、「そういうことなんだろうなぁ」と、思うだけです。


今回の台本、

表のテーマとは別に裏のテーマがあります。
そして裏のテーマが正しく「優しさとは何か?」なのです。

裏のテーマを担っているのは、登場する10人の役者の中でたった一人。

もう一人の主人公と言っても過言じゃありません。

オイラはある意味、この役者に賭けています。
本人にはまだその意識はないかもですけど。

果たして彼は、究極の「優しさ」をどう演じるのか。
とても楽しみです。



楽しみ



なの







すが、




今週の練習は最悪でした。



通したんです。

この台本を練習し始めて約3ヶ月。
初めて役者10人が揃いました。

いつもは参加しているメンバーだけで、やれるシーンだけ作っているのですが、一通り動きは付けたので、通すことにしたのです。

一番の目的は「今、通したらどのくらいの出来なのか」役者が認識することです。

結論から言うと、



安心して見ていられるシーンが一つもありませんでした。

オイラを含め、全員台詞の入りが甘かったです。

大甘です。



蜂蜜でコーティングして砂糖をまぶした水飴をシロップに浸しながら食べるくらい大甘です。




うん。



考えただけで胸焼け。 (_´Д`)



意識を失いそうです。



いや〜、しかし、



もう少しマトモな出来だと思ってたんですけど。

知り合いはね、


「例の震災で1ヶ月練習出来なかったんでしょ?仕方ないんじゃない?」と言いますが、



「仕方がない」のは




演出出来なくて仕方ない



です。


台詞覚えと劇団の練習参加は





全く別物です。 ( ̄3 ̄)





まぁ、練習すれば「台詞覚えが早くなる」のは確かですけど。



現状では誰一人としてOKを出せません。

オイラを含めて、です。



今一番台詞を覚えているのは誰だろう?



かべちゃんかな?



少なくとも頑張っているのは確かです。

プライベートの時間の中で芝居作りの為に「時間をかけている」のが分かります。



主役であることの責任感かもしれませんね。



今のままでは駄目だということが分かっただけでも意味は有ったと思います。



役者陣にお願いしたいのは一つだけ、




台詞覚えてくれ! ( ̄Д ̄;)




頼む。



コメント

はい。すみません、演出!

覚えた「つもり」は駄目だと認識しているのに、今回それをやってしまいました・・・反省・・・。
2011/05/14 2:44 AM by 団長
>団長

毎回のことながら「セリフを覚えなきゃ」と焦りだすのが遅すぎるんですよね。
今回はオイラも含め、ですが・・・。

4月末までには覚えなきゃいけないはずだったのですが。
次のリミットは「5月末までに覚える」だとして、今度は確実に実行しなきゃいけんでしょうな。
2011/05/14 1:14 PM by 演出
「優しさ=甘さ」ではない。
ふ〜む。間違った優しさ(甘さ)の結果は悲劇。

「究極の優しさ」
ふ〜む。
奥深い。
あの方のセリフをもっと読んでみよう。


「セリフ覚え」
激しく吹っ飛びまくって散々(>_<)
自分が言うべきことが分からなきゃ、感情が生まれてくるはずないですもんね。

2011/05/15 3:28 AM by たっくん
>たっ君

りえちゃんとのシーンはセリフが出ていたと思うけど、あれは「沢山練習したから」。

やっぱり「やれば覚える」ものなんですよね。
2011/05/16 10:44 AM by 演出

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top