演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2015/04/22 練習 | TOP | 2015/05/13 練習 >>

2015.05.08 Friday

2015/05/07 練習


ども、演出です。

1週更新をサボっただけで色んな関係者から怒られております。

「GWだからって遊びに行ってたんだろ!!」

などと言う様なメールが届きましたが、

 

 


とんでもない!!

 

 


仕事ですよ、仕事!!

台本書くのに取引先に迷惑かけまくりましたからね。

GWは返上して仕事してました。

とはいえ練習もありましたしね。

日曜に練習して、その後は朝まで飲んで、知り合いの公演観に行って、再び飲んで、次の日に仕事して飲んで、また仕事。

・・・あれ?

仕事っていうよりも、飲んでる時間の方が多いか?

あ、あれ?

オイラ、ダイエットしてなかったっけ??

あれ?Σ(・∀・;)

でも、ま、以前のように毎日は飲んでないですからね。

飲む日を特定して飲んでますから。

カロリー計算しながら。

・・・それでもね〜。

オッサンになると中々お腹の脂肪が無くなってくれないものです。

お腹さわるとぷにゅぷにゅしてるんですよね。

「ぷにゅぷにゅ」です。

分かります?ぷにゅぷにゅ。

ぷにゅぷにゅ、ぷにゅぷにゅです。

あぁ!憎い!この「ぷにゅぷにゅ」が憎い!!

地道に継続していくしかないですね。

引き続きダイエットと筋トレを頑張ります。

 

さて、今週フューチャーするのは・・・うるっしーです!(゚∀゚)

 

この、うるっしーという男、

 


オイラの中でのカテゴリは、

 

 

 

いろいろ残念なイケメン

 

 

 

に属しています。

いい奴なんですけどね〜。

いい奴過ぎるというか、優しすぎるというか。

「お前はテンピュールか!?」と言いたくなるほど受けがソフトなんです。

ごくたまに、

うるっしーが余りにもソフトなので団員が、

「それは失礼過ぎるだろ!」と注意したくなるような言動をしますが、

そんな時でもコイツは、

 

 


うるっしースマイル

 

 


を崩しません。

まったくもって、底の知れない人の良さです。

でも、うるっしーの良さは「優しさ」だけじゃありません。

意外と、熱い男なんです。

オイラは、うるっしーの熱さが大好きです。

今回、台本を書く上で、

うるっしーと一緒にやってみたかったオイラは、作家と演出という特権を利用してオイラの相方にしてしまいました。

彼からしてみればいい迷惑かもしれませんね(笑)

 

オイラは決めているのです!

 

この公演をやっている間、

 


チャンスがある度、

 

 

 

 

うるっしーで遊ぶと!!

 

 

 


・・・本当に彼からしてみればいい迷惑かもしれません。

でも、ま、オイラの相方をやれば成長できるのは間違いありません。

演出として話すこともありますし、

相方としてやって欲しい事も言います。

常にオイラと一緒にやれれば、そりゃ上手くもなるってもんです。

そして、それを実現させる為にも、オイラも、もっともっと成長しなくてはいけません。

うるっしーに背中を見せ続けないとね。

公演が終わる頃には「抜かされてた」なんて事にならないように。

 

うるっしー!一緒に頑張ろうな!!


さてさて、んでもって今週の練習です。

今週は2幕を通しました。

通したといっても一度作った動線の確認作業レベルです。



動きを作った時に休みだった人もいるので教えながら。

18:40頃から始めたのですが、30分ほど残して最後まで終わりました。

とはいえ殺陣などを全てカットしているので実際の時間はもう少しかかるでしょうけど。

オイラ的には結構やれたと思うのですが、役者の口からは反省ばかり。

向上心があるのは演出として嬉しいですし、心強いです。

今日の通しで何より手応えがあったのが、団長のようこちゃんです。

 

ここにきて、

 


看板女優のようこちゃんが、

 

 

 

本気出し始めました。

 


 

泣きのシーンは流石です。

もう彼女に任せておけば何の心配もいりません。

1幕をどんなにミスろうと、

2幕がどんなにテンポ悪かろうと、

彼女がラストシーンやってくれさえすれば、

 

 

 

オールOK!です。

 

 


いや、

多分、そういう事じゃない。

逆です。

1幕でどんなにウケようと、

2幕がどんなに格好良かろうと、

全部彼女がラストシーンで持っていってしまう可能性があります。

本気を出し始めたとはいえ、今はまだ台詞を覚えていませんし、動きも完成していません。

何より、感情の動きを把握できていません。

ようこちゃんが見せたラストシーンは30%くらいの力なのではないでしょうか。

オイラも彼女に求めているのはあんなモンじゃありません。

もっと本気の、

もっと本当の、

もっと根っ子の、

深遠たる真実の心です。

 

でも、間違いなく彼女はやれてしまうでしょう。

それよりも心配なのはオイラ含め周りですね。

どんなに彼女がやれても、オイラ達が出来ていないと彼女がのれません。

のれないって言うか、

 

 

 

イライラさせてしまいます。

 

 

 

それは何もラストシーンに限ったことではありません。

そこに至るまでの経緯がありますので、ようこちゃんと絡む役者は相当気合を入れないと置いてかれますよ?

常にテンションを張って、大きい声出して、一生懸命やらないと、嫌われますよ?

嫌われるだけならまだしも、見捨てられますよ?

役者としてね。

ようこちゃんは2つの顔がありますから。

団長としてのようこちゃんは懐の深い「漢(おとこ)」ですから、どんな奴でも見放す事はしません。

どんな人でも受け入れ、大切にします。

でも、

役者としてのようこちゃんはオイラ以上に我侭です。

一生懸命やらない奴と判断したら直ぐに見放します。

もう、見事なくらい見放します。

団員はもう何度も聞いていると思います。

ようこちゃんから「一生懸命」という言葉を。

彼女はそれしか求めていません。

だからこそ、それが出来ないなら「価値」や「意味」が無いと判断するのです。

芝居がしたい!と入団してきた奴が、

毎回、誰かに「大きい声を出せ」「テンション上げろ」と注意されないとやらなかったらそりゃ見放されて当然ですよ。

たったこの2つだけなのですから。

大きい声を出すこと。テンションを上げること。

演技の上手さなんか求めていません。

ウチの役者は向上心はあるクセに、十夢の役者に大切な事を忘れがちです。

 

オイラはもう何度もこのブログに書いてきました。

10回公演・・・ナンバリング公演は特別なものだ、と。

その意味をちゃんと理解している団員が何人いるでしょうか?

今回の芝居で役者をやる覚悟・・・。

来週は再度1幕を通します。少し役者の入れ替えが発生したので。


覚悟を認識しているかどうかは来週分かります。

オイラの言葉を「ちゃんと」聞いているのかも。

ただ「聞く」のと「覚悟をして聞く」のとでは雲泥の差があります。

さて・・・甘えた考えの奴は誰ですかね・・・。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.tomu.tv/trackback/1272608

トラックバック

▲top