演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2016/10/30 練習 | TOP | 2016/12/18 練習 >>

2016.12.15 Thursday

2016/12/14 練習

 

ども、演出です。

オイラは日々の練習で一生懸命「演出」をしているつもりです。

事前に練習が足りていない所を考え、少しでも効果的で効率的な方法を考え、極力その役者に合った手法を考えているつもりです。

つもりですが、

が、

それでも、

「本当に毎回一生懸命だったか」と改めて自分自身に問いかけた時、即答出来ない自分がいます。

オイラは、その判断基準として、

 

「もし、自分に時間を巻き戻す能力が有ったとして、それでも今回やってきた事と同じ事をするか?」

 

という設定を用いています。

勿論、「10ヶ月間を知っているオイラ」と「10ヶ月後を知らないオイラ」のやり方を比較することはあまりにも無謀ですが、それでも、そこの差が少なければ少ないほど、「一生懸命だった」と答えることに自信が持てます。

本番間近になると、いつも考えることです。

普段はチャランポランなオイラですが、本番が近くなると自然と考えてしまうのです。

いつ頃からだろう...。

演出を始めた当初は考えなかった事です。

いつから本番近くにこんな事を考えるようになったのか...。

えーと......。

えーと.........。

えーと..............。

多分、ですけど、四〜五年くらい前だと思います。

十夢にたくさんの人が集まってくれて、ですが、集まれば集まるほど別れも多くなった時期がありました。
(そして、「芝居のレベルアップ」を強く意識するようになった時期でもあります。)

別れの理由は様々でしたが、オイラが一番嬉しく、そして、悲しかったのは、

 

「プロにいきたいから」

 

という理由でした。

「行くなよ」「ここで役者やれよ」とは口が裂けても言えません。

間違いなく、それは喜ばしいことなのですから。

でも、だからこそ、オイラは演出としてそいつに「柱」を作ってやらないといけないと思っています。

役者としての柱です。

柱なんて何本あっても構いません。

多ければ多いほど耐久性は高まる事でしょう。

邪魔な柱は折りゃいいしね(笑)

だからオイラは「時間を割く」ことを決めました。

旅立つ仲間が、十夢で過ごした時間を「無駄」だったと思わないように。

それは十夢という組織を守っている、

 

団長のようこちゃん、

副団長のたっし君、

補佐のなべちゃん・うるっしーのためであり、

何より、そいつが他の劇団や撮影現場で戦えるようにするためです。


オイラは時間を割くことを決めたのです。


よく知り合いや取引先に、

「無料公演なんでしょ?素人劇団なんでしょ?なんでそこまでやるの?」

と聞かれます。

答えは単純。

 

 

 


オイラが楽しいから。

 

 


役者の成長はオイラ にとって何より楽しい。

いや、「何より」は言い過ぎですね。

やっぱり自分が役者やってる時が一番だから、

「役者の成長は2番目に楽しい」・・・ですかね。


誰かのためになることが、自分の喜びとなる。


オイラの芝居作りの指針です。

ま、オイラがどんなに頑張っても、結局は受け取り側の問題なので無駄になることも少なくないですけどね(笑)

それに、いつまでも無料公演だけをするつもりはありませんから!!

基本は無料公演ですが、有料公演も今後は取り入れていくつもりです。

来年か、再来年か・・・。

「次のステップ」は動き始めているのです。


と、いうわけで、

オイラは演出として本番間近に なったら反省をする・・・って事をお伝えしたわけですが、

「じゃあ今回の月光はどうなのよ?」

と思われる方もいるでしょう。
・・・いる事にしましょう。


で、

今回の演出は・・・

どうだったかというと・・・

 

 

 

 

 

どうなんすかね?(笑)


(;´Д`)

 

 

 


もうちっとやりようがあったんじゃないかとも思いますし、これが精一杯だったんじゃないかとも思います。

その第一の原因は、

 

 

 

 

出席率の悪さ

 

 

 

に尽きます。

もう団員が病弱で病弱で。

折角考えてきた練習内容をその場その場で変更しなくてはなりません。

それだけならいつもの事なのですが、

今回の芝居は絡む役者同士がある程度限られています。

一方は来てても、一方が休んでるというシーンが多く、どこのシーンを練習すればいいんだか分からない日もありました。

なので、その時どきは「精一杯」の練習をしていますが、

全体を通して見た時に、「どうだったんだろ?」と思ってしまうのです。

事前反省では判断つかない状況です。

こりゃ、これから残りの2週間で答えを出せるようにせんばいかんですね。
今回の記事は、更新というよりも、自分自身への決意表明の意味合いが強いです。

こっからの練習は、エネルギーを倍出します。

エネルギーを倍出します。

大事なことなので2回言いました。


エネルギーを倍出します。

 

 

 

 

 

倍出します!!

 

 

 


12/25(日)、クリスマスですが、公演します。

無料公演です。

PM4:30開演で、約2時間で終わりますから、パーティーには間に合います。

むしろ少しくらい遅れていった方が、主役感が味わえます。

ですから、

 

観に来ませんか?(笑)

 

**************************************
2016年12月公演 『月光を継ぐもの』
たまひよ公演 第5弾
2016年12月25日(日)
宮本公民館 講堂
〒273-0003千葉県船橋市宮本6-18-1
開場 15:30〜
開演 16:00〜
全席自由
無料公演
http://tomu.tv/?p=58

 

 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.tomu.tv/trackback/1272658

トラックバック

▲top