演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2017年、締めのネタ | TOP |

2018.01.06 Saturday

2018年最初のご挨拶と初夢の報告

 

ども、演出です。

明けましておめでとうございます!

劇団十夢は今年も様々なことにチャレンジしていきますので、宜しくお願い申し上げます。

昨年はあまり・・・というより全く更新できませんでしたが、今年はせめて月一くらいは記事を書いていければと思っております。

頑張ります!
( ̄∇ ̄*)ゞ

 

 

さて、

皆さんは「運命」を信じるだろうか?

それを「偶然」という人も居れば、

「奇跡」という人も居るでしょう。

「神の書いたシナリオ」という人も居れば、

「過去の解釈」という人も居るでしょう。

どんな言い方をするにしろ、

一つだけ確かなことは、

運命の前では人は無力だということです。

ノーガードでただ殴られるしかない、「運命」とはそういうものなのだと思っています。

 

 

その瞬間、オイラはそれが夢であることを認識しました。

右も左も分からない、

上も下も分からない、

真っ暗な空間にふと存在した瞬間、

「あ、これは夢だ」

と感じました。

夢とは気付きつつも、起きようとは思えず、ただ、そこに存在し続けました。

暗闇は本当に深く、どんなに目を凝らしても何も見えません。

広さが分からないので恐る恐る手を前に出します。

指先は何にも触れることなく宙をさ迷いました。

オイラは手を出したまま、ゆっくり前進します。

幸い段差等はなく、つまずくことはありません。

オイラはゆっくり、一歩ずつ前進します。

結構歩いたはずですが、相変わらず目は慣れず真っ暗なまま、手先に何かが触れることもありません。

何もない世界にオイラ一人だけが取り残されたようです。

「中2病だな」

夢だと分かっているので焦りはありませんでした。

ちょっとだけ退屈ではありましたが。

それから再び前進し、何も変わらないことを確認したオイラは「そろそろもういいか」と思い、意識を戻そうとした時です。

何処からか、オイラを呼ぶ声が聞こえました。

最初は遠くから小さな声だったのですが、段々と大きくなります。

「演出〜」

「演出〜〜!」

「演出〜〜〜!!」

同じ声が続くので相手は一人。

男。

声質は若い。

オイラを呼ぶ声はドンドン大きくなります。

っていうか、大きいどころではありません。

生声で出せる声量じゃありません。

これは・・・マイク?

「演出〜〜〜!!」

一際大きい声で呼ばれました。

その瞬間!

何処にあったのか数々の照明が一点に集中!

赤!青!緑!

サス!ピン!レーザー!ストロボ!スモーク!

こ、これは・・・ライヴ会場?

目の前に大きなステージが現れ、周りを見ると客席がズラッと並んでいます。

1,000はあるでしょうか。

ですが、そこに居るのはオイラ一人だけ。

なんとも贅沢で、なんとも寂しい空間です。

視線をステージへ戻すと男が一人、こちらに手を振っています。

ちぎれんばかりに元気よく振っています。


あれは・・・

 

 

アイツは・・・

 

 


あのモジャモジャは・・・

 

 

 

 

 

あまちゃん!?

 

 

 

しかも、あんな格好して・・・。

 

あまちゃんは、

 

大きなステージに一人、

 

フレディ・マーキュリーの衣装を着て、

 

熊に股がり、

 

汗だくになりながら照明を浴びていました。

 

 

 


「へ、変態だ・・・。」

 

 


オイラは驚きと緊張のあまり、そう口にするのがやっとでした。

え?想像出来ない?

あまちゃんを知らないから?

 

・・・・・。

 

いいでしょう。

 

分かりました。

 

ご覧ください。

↓あまちゃんです。

 

 

 

 

 

 

これが、

 

 

 

↓こうなる。

 

 

 

 

 

 

こうして、

 

 

 

↓こう。

 

 

 

 

 

あまちゃんは満面の笑みを浮かべながらマイクを使います。


あまちゃん「やっとこのくらいの大きさでライヴやれるようになりました!」

オイラ「やっとって・・・え、あまちゃんライヴやるのが夢だったの?」

あまちゃん「いえ、全然!」


話が噛み合いません。


あまちゃん「それでは歌います!聴いて下さい!!」


あまちゃんが指を鳴らすと、大音量でBGMが流れます。

そして、

ノリノリで、

 

 

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅの


「にんじゃりばんばん」

 

 

 

を歌いだしたのです。

汗だくになりながら歌いますし、何よりお客はオイラ一人ですから、ちゃんと聴かないわけにはいきません。

オイラは手拍子で応援します。

が、

曲の間奏部分に入ると、

あまちゃんは、

「オラ!声出てねーぞ!もっと盛り上がろーぜ!!」

と観客を煽ります。

何度も言いますが、客席にはオイラしかいません。

オイラは深呼吸を数回した後、

意を決して、

「うおぉおおおお〜〜〜!!」

と煽り返します。

そして、

 

地獄のような時間が始まったのです。

 

オイラは憑りつかれたように大声を出し続けました。

『正気になったらマズい!』

心の中でそう呟きながら・・・。

ですが、

まさかライヴが3時間も続くとは思いませんでした。

そして、

まさか「にんじゃりばんばん」しか歌わないとも思いませんでした。

地獄です。

夢で良かったと心から思います。

本当に、夢で良かったと、心から思うのです。

 

 

さて、

あまちゃんは何度か夢に出てきているのですが、

 

1回目:http://blog.tomu.tv/?eid=1272513
2回目:http://blog.tomu.tv/?eid=1272591

 

この際だから、ハッキリ言っておきます。

オイラは、

勿論、

あまちゃんの事は嫌いじゃありません。

 

好きです。

 

 

好きですが、

 

 

 


愛してはいません。

 

 

ですから、夢に出てくるなとは言いません。

 

出て来ても全然オーケーです。

 

ただね、

 

 

 

 

普通に出て来いよ(笑)

 

 

皆さんの初夢はどんな感じでしたでしょうか?

 

今年一年、皆さんに幸せな笑顔が多くありますように!!

 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.tomu.tv/trackback/1272667

トラックバック

▲top