演出は神である!

劇団十夢の演出です。
芝居を作る上での苦労話や映画・演劇を観た感想などを独断と偏見にまみれて書いていこうと思います。
(映画は★10点満点で採点してます)
どなた様もお気軽にコメントください。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2017.01.26 Thursday

「こんなヒーローは嫌だ」という画像

 

皆さんは「ヒーロー」という言葉にどんな印象を持たれるでしょうか?

 

格好良い?

強い?

憧れる?

責任重そう?

逆に倒してみたい?

 

・・・人それぞれ考え方は違うと思います。

今回は「ヒーロー」に関する画像を集めてみました。

誰もが知ってるヒーロー。

ですが、

ちょっとだけ、

ほんのちょっとだけ、

いつもと違うヒーローの姿が、ここにあるのです。

 

それでは早速いってみましょう。

 

まずは1枚目!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 


おじいちゃんかよ!?
 

Σ(゚Д゚;)

 

 

ライフルやビームサーベルより鍬の方が合ってるんじゃないだろうか?

機動力は皆無だろうな(笑)

オイラが敵だったら真っ先にターゲットにすると思う。


続いて2枚目。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 


うん・・・。


まぁ、その、なんだ。

 

 

 

 

風邪と病気に気を付けてね。

 

 


地球の平和の前に、自分の身を守ってくれませんか?

こんなハニワみたいなヒーロー嫌だ・・・。


んでもって3枚目。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

飛んだら?
 

(・∀・|||)

 

 

電車使うならせめて変身ときなさい。

注目されたいのかな?

転校してきた生徒みたいな?

風邪で休んだ翌日の生徒みたいな?

器用にお財布から小銭出そうとしているところがジワジワくるwww


そして、4枚目。

これもウルトラマン関係です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 


主任と新人かよ!
 

(・∀・;)

 


絵的に完全に部下と上司だよね?

親子関係ではないでしょうか・・・。


ラスト、5枚目!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 


やられとるやないかいっ!!
 

Σ(゚Д゚;)

 

 

ってか、見方を変えると、SMクラブで楽しんだ後のようにも見えるんですよね。

「追加料金払おうかな」みたいな(笑)

決して、悪者にやられて、「貯金全部おろして来い」って言われたわけじゃないことを祈ろう・・・。


さて、さて。

今回はオマケがございます。

ヒーローじゃないので本編には加えませんでしたが、「人気者」ってことで。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 


濁すなよ(汗)
 

(((( ;゚Д゚)))

 

頼む、ガチャピン!

言い切ってくれ!!

余計怖いわっ!!


皆さんは、こんなヒーロー、どう思います?


2017.01.24 Tuesday

2017年のご挨拶

 

ども、演出です。

 

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い申し上げます!!

2017年、1発目のブログです。

巷では「演出死んでんじゃねーか説」が流れておるようですが、大丈夫です!

 

 

 

生きてます!!

 

 

 

体調崩してたのは確かですが、何とか生きております。

12/25の公演を優先したために後回しにした仕事がゴチャっと来まして、徹夜で仕事してたら風邪ひいてました。

いや、大笑いっ!!

年末年始に体調悪くするのは毎年恒例の事なので、団員は誰も心配してくれません。

何ならオイラが風邪をひいた話をすると、「あぁ、もうそんな季節なんですね〜」なんてのたまわる始末です。

 

あのですね、

 

人の体調を風物詩扱いするのやめてもらえます?(汗)

 

演出なんて、芝居作ってない間は皆のおもちゃみたいなモンです。
(;´д`)


さてさて、

今回は今年の十夢の予定を皆様にお伝えしようと思いまして更新しました。

公演予定です。


まず、1発目は4月!!

これは日にちも既に決まっておりまして、4/23(日)です。

 

演目はっ!

 

 

 

 

月光を継ぐもの!!

 

 


・・・・・え?

いえいえ。書き間違いじゃありません。

月光を継ぐものです。

はい。

もう一回やります!!(笑)
ヽ(°▽ °)ノエヘヘヘヘ

昨年の『たまひよ公演第5弾』はクリスマスと重なり、「スケジュール調整が難しい!観に行けない!」というお声を頂きました。

んじゃ、折角なので、日を改めて公演しようという事になったのです。

前回、月影をやった「あっさん」がプロを目指す為、退団してしまったので、新しく「あまちゃん」を迎えます。

短い練習期間でセリフ覚えに、殺陣の動き覚えに・・・大変だと思いますが、あまちゃんには頑張ってもらいたいと思います。

 

あまちゃんの役者としての課題は、

 


「セリフを一言一句完璧に覚える」

 

 

事です。

 

次のステップに進む為にも、是非、この課題はクリアしてもらいたいと思います。

いや、大変だけどね。

充分分かってるけどね。

でも、やり遂げて欲しいと切に願います。

なんせ、今回の公演はちゃんと十夢のナンバリング公演なのですから!!

 

第13回公演
『月光を継ぐもの』
2017年4月23日(日)
南部青少年センター
千葉市中央区白旗1丁目3番16号
開場 13:30〜
開演 14:00〜
全席自由
無料公演
http://tomu.tv/?p=695


そして、6月か7月くらいに・・・新作を公演いたします!!

 

 


この手が届きそうな

青空の下で!!

 

 

 

これもナンバリング公演です!

 

第14回公演
『この手が届きそうな青空の下で』
2017年6月or7月頃公演予定

 

のぞみちゃんが主役です!!

「月シリーズ」が完結し、新シリーズを開始いたします。

チャレンジ精神は忘れずに、楽しい物語を紡ぎたいと思います。


そして、

そしてそして、

11月か、12月くらいでしょうか。

まだ公演の種別は決まっておりませんが、演目は決まっております。

 


その作品は・・・

 

新生十夢の代表作といっても過言ではない、

 


あの作品・・・

 

 

 

やわらかな笑顔に

地球は廻る!!

 


これはオイラにとってはリベンジです。

色んな意味で(笑)


そんなこんなで、今年も忙しくなりそうです。

2017年1月の時点で、2018年の公演予定までたってますからね・・・。

フンドシ締めてかからんといかんです!!


んで、

十夢では新しい仲間を募集しております。

心身ともに健康であれば、経験・未経験は問いません。

興味のある方は、まずは見学という名の「遊び」に来てみて下さい。

お問合せはこちら
http://tomu.tv/?page_id=2

高確率で基礎練習に参加することになると思いますが・・・(笑)
( ̄ー ̄)ニヤリ


と、いうわけで、

 

 

 

今年も頑張ります!!

 

 


2016.12.21 Wednesday

2016/12/18 練習

ども、演出です。

今年も残り僅かとなってきましたね。

早い人は今週末から休みになるのでしょうか。

羨ましい限りでございます。


さて、

皆さんは覚えているだろうか?

今年、初めにオイラが書いたブログを。

そう・・・あれから丸1年。

 

 

 

 

あまちゃんの写真は

未だにオイラの

枕の下にあります。

 

 

 

 

■ブログの詳細はこちら
2016年 新年のご挨拶
http://blog.tomu.tv/?eid=1272637
2016/02/10 練習
http://blog.tomu.tv/?eid=1272638

 

何で今年に限ってコイツはさっさと夢に出て来てくれないのでしょうか?

何度印刷し直したと思っているのでしょう?

インクだってタダじゃないんです。

このままだとオイラは1年間あまちゃんと添い寝した事になってしまいます。


それは同じ団員として・・・いえ、

 

社会人として・・・いえ、

 


男として・・・いえ、

 

 

 

 

 

人としてどうかと思います。

 

 

 

 

あらかじめ言っておきますが、

12/31の時点で夢が見れなくとも、

 

 

 

 

 


継続しませんからね!!
 

Σ(゚Д゚;)

 

 

 

 

どんなにネタになるとはいえ、これ以上は人としての尊厳に関わるレベルになってきます。

知り合いの弁護士に依頼して、正式にあまちゃんを告訴しかねません。

そうなる前に、このネタに終止符を打たねばなりません。

ですから、期限は12/31まで!

それ以降は他のネタを探したいと思います。

それから、

多分、このブログを読んでるだろうから、

事前にちゃんと言っておく。

 

あまちゃん!!

年末の挨拶メールとかに、

「今年は僕の夢を見るでしょうか?」

なんて文章は要らないからな!!


いいか!?

 

ハッキリ言っとくぞ、

 

 

これは、

 

 

 

 


振りじゃないからな!

 

 

 

 

 

「押すなよ!?」じゃない。

 

 

 

 

 


押すな!!だ。

 

 

 


告訴されたくなかったら俺の注意を守る事だな。

本番まであと5日。

情緒不安定になっているようです。

色々問題は山積みなのですが、一番の問題はこれで解決(笑)

他の問題は、まぁ、何とかなるしね。


そして、

 

オイラは、

 


最後の、

 

 

 

 

 

 

あまちゃんの顔写真の
 

印刷をするのです。

 

 

 


って、全然練習日記じゃないな・・・。

 


**************************************
2016年12月公演 『月光を継ぐもの』
たまひよ公演 第5弾
2016年12月25日(日)
宮本公民館 講堂
〒273-0003千葉県船橋市宮本6-18-1
開場 15:30〜
開演 16:00〜
全席自由
無料公演
http://tomu.tv/?p=58

 

[あらすじ]
昔、昔、あるところに地獄門を封印する為に己の人生をかけたお姫様がいた。
そして、その姫を守る為に仕える2人の男。
忍の里最強の忍者、月影。
城内最強の武士、青十郎。
しかし、相容れぬ考えを持つ2人はとても仲が悪かった。
ある日、異様な空気を感じ警戒する月影と青十郎。
その空気を切り裂いて現れたのは、全ての人間を「殺す」ことによって救おうとする第3の男、紅葉。
紅葉は圧倒的力を奮い月影と青十郎を退ける。
お付きの者、楓の機転で難を逃れるも、問題は解決していなかった。
紅葉は30日後にも再び現れるという。
「守りたい者を守る」ため、月影と青十郎の特訓が始まった。

 


2016.12.15 Thursday

2016/12/14 練習

 

ども、演出です。

オイラは日々の練習で一生懸命「演出」をしているつもりです。

事前に練習が足りていない所を考え、少しでも効果的で効率的な方法を考え、極力その役者に合った手法を考えているつもりです。

つもりですが、

が、

それでも、

「本当に毎回一生懸命だったか」と改めて自分自身に問いかけた時、即答出来ない自分がいます。

オイラは、その判断基準として、

 

「もし、自分に時間を巻き戻す能力が有ったとして、それでも今回やってきた事と同じ事をするか?」

 

という設定を用いています。

勿論、「10ヶ月間を知っているオイラ」と「10ヶ月後を知らないオイラ」のやり方を比較することはあまりにも無謀ですが、それでも、そこの差が少なければ少ないほど、「一生懸命だった」と答えることに自信が持てます。

本番間近になると、いつも考えることです。

普段はチャランポランなオイラですが、本番が近くなると自然と考えてしまうのです。

いつ頃からだろう...。

演出を始めた当初は考えなかった事です。

いつから本番近くにこんな事を考えるようになったのか...。

えーと......。

えーと.........。

えーと..............。

多分、ですけど、四〜五年くらい前だと思います。

十夢にたくさんの人が集まってくれて、ですが、集まれば集まるほど別れも多くなった時期がありました。
(そして、「芝居のレベルアップ」を強く意識するようになった時期でもあります。)

別れの理由は様々でしたが、オイラが一番嬉しく、そして、悲しかったのは、

 

「プロにいきたいから」

 

という理由でした。

「行くなよ」「ここで役者やれよ」とは口が裂けても言えません。

間違いなく、それは喜ばしいことなのですから。

でも、だからこそ、オイラは演出としてそいつに「柱」を作ってやらないといけないと思っています。

役者としての柱です。

柱なんて何本あっても構いません。

多ければ多いほど耐久性は高まる事でしょう。

邪魔な柱は折りゃいいしね(笑)

だからオイラは「時間を割く」ことを決めました。

旅立つ仲間が、十夢で過ごした時間を「無駄」だったと思わないように。

それは十夢という組織を守っている、

 

団長のようこちゃん、

副団長のたっし君、

補佐のなべちゃん・うるっしーのためであり、

何より、そいつが他の劇団や撮影現場で戦えるようにするためです。


オイラは時間を割くことを決めたのです。


よく知り合いや取引先に、

「無料公演なんでしょ?素人劇団なんでしょ?なんでそこまでやるの?」

と聞かれます。

答えは単純。

 

 

 


オイラが楽しいから。

 

 


役者の成長はオイラ にとって何より楽しい。

いや、「何より」は言い過ぎですね。

やっぱり自分が役者やってる時が一番だから、

「役者の成長は2番目に楽しい」・・・ですかね。


誰かのためになることが、自分の喜びとなる。


オイラの芝居作りの指針です。

ま、オイラがどんなに頑張っても、結局は受け取り側の問題なので無駄になることも少なくないですけどね(笑)

それに、いつまでも無料公演だけをするつもりはありませんから!!

基本は無料公演ですが、有料公演も今後は取り入れていくつもりです。

来年か、再来年か・・・。

「次のステップ」は動き始めているのです。


と、いうわけで、

オイラは演出として本番間近に なったら反省をする・・・って事をお伝えしたわけですが、

「じゃあ今回の月光はどうなのよ?」

と思われる方もいるでしょう。
・・・いる事にしましょう。


で、

今回の演出は・・・

どうだったかというと・・・

 

 

 

 

 

どうなんすかね?(笑)


(;´Д`)

 

 

 


もうちっとやりようがあったんじゃないかとも思いますし、これが精一杯だったんじゃないかとも思います。

その第一の原因は、

 

 

 

 

出席率の悪さ

 

 

 

に尽きます。

もう団員が病弱で病弱で。

折角考えてきた練習内容をその場その場で変更しなくてはなりません。

それだけならいつもの事なのですが、

今回の芝居は絡む役者同士がある程度限られています。

一方は来てても、一方が休んでるというシーンが多く、どこのシーンを練習すればいいんだか分からない日もありました。

なので、その時どきは「精一杯」の練習をしていますが、

全体を通して見た時に、「どうだったんだろ?」と思ってしまうのです。

事前反省では判断つかない状況です。

こりゃ、これから残りの2週間で答えを出せるようにせんばいかんですね。
今回の記事は、更新というよりも、自分自身への決意表明の意味合いが強いです。

こっからの練習は、エネルギーを倍出します。

エネルギーを倍出します。

大事なことなので2回言いました。


エネルギーを倍出します。

 

 

 

 

 

倍出します!!

 

 

 


12/25(日)、クリスマスですが、公演します。

無料公演です。

PM4:30開演で、約2時間で終わりますから、パーティーには間に合います。

むしろ少しくらい遅れていった方が、主役感が味わえます。

ですから、

 

観に来ませんか?(笑)

 

**************************************
2016年12月公演 『月光を継ぐもの』
たまひよ公演 第5弾
2016年12月25日(日)
宮本公民館 講堂
〒273-0003千葉県船橋市宮本6-18-1
開場 15:30〜
開演 16:00〜
全席自由
無料公演
http://tomu.tv/?p=58

 

 


2016.10.31 Monday

2016/10/30 練習

 

 

ども、演出です。

劇団に関する更新は久し振りな気がします。

ってか、本当に久し振りです(汗)

ま、

ちょっと色んな事があり、

ここらで「演技とは?」について語っておこうかと思いまして、ブログを書くことにしました。

毎回のように書きますが、これからオイラが語ることは、あくまで「オイラが考える」演技に対する捉え方です。

決して正解な訳ではありません。

 

これをご覧になって下さる読者様は、オイラの意見に対し自らの哲学を深めて頂ければ幸いです。
(ただし!十夢の役者は、オイラが演出をやる以上、オイラの考えが正解です。オイラの哲学に基づいた演技を達成できるように努力してもらいたいと思います。)

 

さて、

演技とは?

という問いに対して、オイラは何度か明確に答えてきました。


演技とは、

 

 

 

物事を表現すること

 

 

 

であると。

 

時に役者は「人以外の何か」を演じなければなりません。

例えば吸血鬼や悪魔なんかは、体のフォルムが人間と似ているので想像はしやすいかもしれませんね。

では、

猫や犬、象やキリンはどうでしょう?

感情や特徴がある分、まだ入りやすいですね。

ではでは、

石や看板、電信柱などはどうでしょうか?

皆さんならこれらの「役」をどう表現しますか?

想像してみて下さい。

そして更に、

水や火をどう表現するでしょうか?
(炎ではなく火です。炎は表現しやすいでしょうから。)

んで最終的な役、

「風」をどう表現しますか?

ここに、役者としての資質(センス)が問われます。

風に形はありません。
だからこそ、想像力と表現力が求められます。
人によっては無言で舞台を端から端まで走り去るかもしれません。
もしくは、口で「ひゅお〜〜」と音をたてるかもしれませんね。
もっと他の面白い表現方法があるかもしれません。

 

ここで注意してほしいのが、表現だからといって、決して「強風に煽られている人」などを演じない事です。

 

それは逃げです。
風の役ではありません。
風そのものを自分の持てるもの全てを駆使して表現するのです。

で、当たり前ですが、この表現に正解はありません。

その役者が与えられた役に対し、自分なりのアプローチをした結果の表現ですから。

 

 

 

ただね。

 

 

 

正解はありませんが、

にも関わらず演者の表現に対して受け手(観客)の評価に差が生じます。

 

 

 

何故か?

 

 

 

第一に、受け手の趣味嗜好というものがありますね。

どんなに世界的に評価されている役者の演技も、自分に合わなければ面白くありません。

それは仕方のない事です。

万人に受け入れられる役者なんてこの世には存在しないのですから。

 

そして、もう一つ。

評価に差が生じる原因があるのです。

 

それが、

 

 

 

演技力

 

 

 

です。

 

では、演技力とは何か?

超ウルトラスーパー身も蓋も無く一言で表すと、

 

演技力とは、

 

 


説得力

 

 

 

の事です。

 

受け手の目の前で表現されている演技に説得力があるかどうか?

これが演技力の正体です。

この「説得力」というキーワードを哲学に持たない演出が結構いる事に驚きます。

いえ、演出だけでなく、役者も持っていない・・・もしくは、思考の内に無い?ですかね。

オイラが十夢の役者たちに求めるのは「説得力のある演技」です。

 

先ほどの例で言えば、

「風の役になりきって舞台の端から端まで走り去る」

という演技を2人の役者が行ったとしても、同じような演技には絶対になりません。

 

体格やスピードが違うのは勿論、

なりきる度合いや、

身体の脱力。

感情の開放や視野の広さ、等々。

 

自分がどう見られているか、どう見せなきゃならないか客観的に理解しつつ、本気で表現する事。

説得力のある演技に必要な第一歩です。

 

ですからオイラは、

「自分は泣いてます」「自分は怒ってます」

という自分本位な演技は決して人の心に届かないと思っています。

 

「説得」というのは自分本位では上手くいきません。

相手がいることを常に頭に入れておかないといけないのです。

 

相手とは・・・?

セリフの掛け合いをする相手であり、最終的には勿論、お客様ですね。


実際には難しい事です。

十夢でも全員が理解している訳ではありませんし、全員が説得力のある演技が出来るわけでもありません。

目標としてずっと追い続けますけどね。


現在、月光のメインキャストは正しくそこで躓いています。

何度もダメ出しをされ、

何が正解か分からなくなってきている状態です。


どれだけ素直であり続けられるか?

オイラを信じられるか?

 

そして、

 

台本を読み、時間を費やせるか?

オイラもオイラでもう一度フンドシを締めねばなりませんね。
(ちなみにオイラはトランクス派)

 

無料公演です。

 

素人劇団です。

 

でもね、

 

 


十夢はすげーんだぜ?

 

 

 

って所をお見せしたいと思っています。

 


2016年12月公演 『月光を継ぐもの』
たまひよ公演 第5弾
2016年12月25日(日)
宮本公民館 講堂
〒273-0003千葉県船橋市宮本6-18-1
開場 15:30〜
開演 16:00〜
全席自由
無料公演

http://tomu.tv/?p=58

 

 

 

 

 


▲top